家に棲みついた蜂を退治|業者に駆除をしてもらう

女性スタッフ

生態を調べる

一軒家

蜂には天敵がおり、それらから巣を守るために、一般的な家に棲み家を作ります。そうなると、家の人や近隣の方が刺されてしまいます。ですので、巣を発見した際には、早め退治しておいた方が良いといえます。

読んでみよう

家から追い出す

鳩

鳩は家のベランダ、屋根裏などに巣を作ります。糞などをして様々なトラブルが発生してしまいます。被害が大きくならないためにも、家に鳩が棲みついている方は駆除しておいた方が良いでしょう。

読んでみよう

業者に任せる

作業員

自宅に棲みついた動物は、専門業者に駆除してもらえます。プロの方に退治してもらえるので、また棲みつくということはありません。また、追い出してもらった後には、糞や体毛などで散らかったところを掃除してくれます。

読んでみよう

早めに対処する

ハチ

害虫には、南京虫やムカデ、ゴキブリなどの種類がいます。その害虫の一つとして蜂がいます。蜂にも様々な種類がおり、ミツバチ、アシナガバチ、スズメバチといったものがいます。これらの蜂にはそれぞれ、習性や体長が異なりますが、刺激を与えると攻撃をしてきます。お尻の針には毒があり、刺されてしまうとアレルギー反応を起こして、最悪の場合死んでしまうことがあります。この害虫は、春から秋にかけて活動を行ない、繁殖期とされる7月頃になると活発になります。そのため、巣に近付くと攻撃の対象になってしまいます。ですので、巣を発見した場合には近づかないで、早めに業者に来てもらいましょう。

蜂を退治してくれる業者に問い合わせることで、現地調査に来てもらうことができます。蜂退治は、巣の大きさ、被害状況、駆除作業などを調べるために来てもらうことができます。調べてくれた際には、退治作業にかかる費用を出してもらえます。サイトで調べてもおよその費用しか調べることができないので、正確な値段を調べることはできません。ですが、現地調査に来た際に見積もりを出してもらえれば、その費用を用意しやすいですし、他のところと比較できます。退治をした後に追加で料金を請求されるのではないかと思われる方もいるでしょう。しかし、後から料金が追加されることはありません。また、業者にもよりますが、保証が付いているところもあります。保証があれば、蜂がまた再発した際には、無償で対応してもらえます。この保証には期間があるので業者を選ぶ際には、注意をしましょう。